介護職として働くときにあると良いちょっとした技術とは?

おむつ交換のテクニックはあると本当に重宝する!

介護の仕事は色々とテクニックがありますが、働くときにあると助かるのはおむつ交換のテクニックです。なぜならば介護の仕事はおむつ交換をするシーンが非常に多いからで、素早く正確におむつ交換ができれば業務がスムーズになってきます。特に新人介護士ほどおむつ交換が苦手で、新しいおむつに変え終わるまでに何十分もかかってしまうということも多いです。そうすると介護士だけでなく、高齢者にも負担となりますので、おむつ交換のテクニックは大切になります。

高齢者を笑わせるユニークさ

また、その他には高齢者を笑わせるちょっとしたユニークさ等があると現場で役立つことがあります。老人ホーム等の沢山の高齢者が一緒に生活をするような場所では、高齢者間のコミュニケーションの中で喧嘩が起きてしまうこともしばしば出てきます。そんな時に、間に入って仲裁をして、怒った高齢者を笑わせる事ができれば、その場の雰囲気を壊すことを防げます。場の雰囲気が悪くなると、それは認知症を持っている高齢者が不穏な状態になる原因にもなりますので、極力なくしていきたいものです。

福祉用具の知識や取り扱い方があると便利

その他には福祉用具の知識や取り扱い方なども知っていると、現場で役立つことがあります。居宅介護支援を行う場合は、高齢者が車いすや杖などを使っていることも多いですが、そこで福祉用具の知識があれば誤った使い方をしないで済むので危険も減りますし、車いすならばちょっとした高さ調節も行えます。福祉用具を見る機会も多いので、一般的な福祉用具の知識があると現場で困ることも少なくなります。以上のような技術や知識があると介護の仕事をするときに楽になります。

介護の求人では、未経験者や新卒者であっても新人研修を設けている事業所があるので安心して勤めることができます。