押さえておきたい!歯科衛生士に必須の重要な業務とは

虫歯もしくは歯周病の予防的処置をします

歯医者で治療して貰うのは、虫歯であったり歯周病にならないためといえます。いくら細部に亘って歯磨きしても、虫歯もしくは歯周病などは生じてしまうことから、歯科衛生士が予防処置しないといけないのです。これについてはプラークや歯石などを削り落とすことです。プラークは細菌および代謝のかたまりですから、排除しなければ石灰化して歯石が生じてしまいます。その歯石を取り去らなければ、虫歯もしくは歯周病となるため、歯科衛生士による予防的処置はとても大切な仕事と言えます。

スムーズな治療の為に診療のサポートを実行します

歯科診療については1人がケアをするのではなく、歯科医師達がグループとなって診察に取り組んでいます。その結果歯科衛生士は歯科診療補助を通して、歯科医師の診察のバックアップ、あるいは歯科医師および患者の取り次ぎとなって、意思の疎通をはかることも必要です。そのようなときに患者に歯の痛い所や気にかかる点は無いか確かめるのです。それ以外では、歯科医師の指図の元で診療します。しかし患者に危険が至らない範囲までなので、懸念することは不要です。

指導を行ない、患者に解説することも仕事です

患者を治癒しても、食事後にピント外れの歯磨きを行っていけば、容易に虫歯が生じます。その結果歯科衛生士は、患者に適正な歯磨きをアドバイスして虫歯になりづらいように指導することになります。歯ブラシが達しない所には糸ようじであるとか歯間ブラシをすすめたり、さらに歯の裏にある部分の磨き方などを微に入り細に入りレクチャーします。それから鏡を使用し歯の様子を見せ、問題を指摘します。患者の考えを変えて虫歯になりづらい状態にするのが、適切な指導になります。

歯科衛生士の求人を探しているなら、応募要項を念入りに確認することが大事です。件数が多いので、理想的な条件の求人が必ず見つかります。