医師として働くときに知っておくべき薬事情

医師のバイトとして働くときの注意点

現在の研修医は、かつてのようにバイトをしないと生活が成り立たないということはなく、ある程度生活が守られています。ですが、経験を積むという意味でも医師としてバイトをする人も多くいます。そのときに知っておきたいのが今の薬事情です。昔とは薬の処方の仕方や、効き目などがいろいろと違います。そのため、常に最新の薬事情を把握し、過不足なく薬を処方できるように準備をしておくべきです。バイトだと自分一人で判断しないといけないのでその点にも注意は必要です。

今の薬事情のポイントとは

今の薬事情の特徴として、副作用が少ないという特徴があげられます。薬はとりすぎると毒になることは知られていますが、適量でも副作用がある薬も少なくありませんでした。そのため、リスクを承知の上で服用する必要があり、時にはもともとの病気よりもきつい副作用に悩む人もいました。現在ではそういったデメリットが改善されているためそこまで心配する必要はありません。ですが、複数服用するとやはり危険性は高くなるのでもともと服用している薬もチェックして慎重に処方しなければなりません。

ジェネリック薬についての知識も必要

二つ目の特徴として、ジェネリック薬の増加があげられます。後発医薬品であるがゆえ、知名度が低いので患者が嫌がることもありますが、費用が安くすむというメリットがあります。そのため、現在はそうした特徴を説明した上でジェネリック薬を使うことも多くなっています。適正に処方できるように知識を持っておく必要があります。また、薬は最低限にするという医療のながれも知っておくべきでしょう。かつてのようにとりあえず薬を出すという考えは古くなっているので気をつけましょう。

医師のバイトは正社員で働くよりもライフワークに合わせて働くことができます。高時給のため、短時間でも稼ぐことができるでしょう。