介護に関わる仕事がしたい

専門学校や大学に進学する場合

高齢化社会が問題になっている日本ですが、働き手の需要が年々増しています。少子高齢化が進み、介護現場の人材不足も深刻になりつつあります。そんな中、若いうちから介護福祉士として働くことを希望している学生は、高校を卒業後、専門学校や大学で学び、卒業と同時に資格を取得しています。今後、受験の義務化が予定されており、卒業と同時に資格が得られるのも、あと数年で終了する見込みです。最新の情報に気を付けて、学校選びをしましょう。

無資格からでも始められます

国家資格である介護福祉士の資格を持っていなくても、未経験から始められる場合も多いです。また、働きながら資格取得を目指す方も多く、3年以上の実務経験と共に、平成28年度からは実務経験+実務者研修の修了者に受験資格が与えられることになりました。働きながらの勉強は大変な面もありますが、実際の現場で働きながら得る知識と経験に勝るものはありません。何より無資格からでも始められ、誰にでもチャンスがあり、やる気次第でスキルアップが望めるのも、魅力のひとつです。

介護職員初任者研修を受ける場合

ホームヘルパーという名称の方が馴染みのある方も多いですが、資格取得の制度の変更に伴い、ホームヘルパーから介護職員初任者研修という名前に変更されました。講座を受講すれば取得できたホームヘルパーとは異なり、修了試験などが追加されました。この資格は数か月間での資格取得が可能で、そこから介護士になるには、無資格から始めた場合と同様に、3年以上の実務経験+実務者研修が必要となります。しかし、初任者研修修了者は、研修時間の免除が受けられ、合計450時間必要な研修が50時間まで短縮されるメリットがあります。自分の状況に合わせて選択し、介護の現場で働きましょう。

介護の求人を横浜で探しているなら、メリットが豊富ですからおすすめです。求人の種類が多いので、理想的な条件で働けます。