保育士は辛い事もありますが、やりがいのある仕事です!

子供たちの笑顔を見れる数少ない職業

保育士をされている多くの方が口をそろえて「子供たちの笑顔を見れるので、やりがいのある仕事」と言います。それほど保育士は子供たちと毎日接しているのです。幼稚園では3歳から小学生になるまで、保育園では0歳から小学生になるまで親に代わって園児たちを育てるのです。そのため先生と生徒というよりは、親代わりになって育てていると言ったほうが正しいかもしれません。オムツの交換や食事のサポートは一見すると辛いように見えますが、子供たちの笑顔を見れば、保育の仕事が辛いと思わずにがんばれるでしょう。

子供たちを成長させる事が出来ます

保育園や幼稚園に入園する子供たちも大人になれば、社会に出て働かなくてはなりません。そのため、保育士は子供たちに集団行動の取れる人間に育てる必要があります。時には我がままな事を言う子供を叱らなくてはいけないでしょう。可愛い子供に怒りたくないと考えていては保育士の仕事は勤まりません。その他に落ち込んだり、友達の輪に入れなかったりする子供たちを励まして成長させる事も求められます。一生懸命になって接して来た子供たちが成長していく姿を見られるのは、保育士の生きがいでしょう。

子供たちの成長を見届けられます

人間は大人になれば、成長することはなくゆっくりと歳を取って行きます。しかし子供たちの成長は早いもので、入園してから育てた子供たちが卒園する時には立派に成長しているものです。今まで育てて来た子供たちが、卒園して離れて行くのは辛いと思うかもしれません。しかしご家族に代わって、数年間も子供たちを育てる事が出来るのです。卒園する時は寂しくても、今まで育てた子供たちが立派に成長して見届けることが出来るのは、、やりがいのある仕事でしょう。

神奈川県は、待機児童の問題が深刻化しています。そのため、保育士の積極的な採用を行おうという動きが見られます。保育士の求人なら神奈川で決まりです。